神戸マラソン【20-30㌔】

私の人生初マラソン『神戸マラソン 体験記』前回↓の続きです。
神戸マラソン【移動-前日エントリーまで】
神戸マラソン【前夜祭参加】
#神戸マラソン【当日朝-スタートまで】
#神戸マラソン【Start-10㌔】
#神戸マラソン【10㌔-折り返し地点】



20㌔を通過し、折り返しの明石大橋前。
すごい人が多くてHERO気分に浸れました。

明石大橋が目の前に飛び込んだときが1番の感動でした。
そして折り返す頃にはなぜか、ひざの痛みはなくなっていて。

ハーフ過ぎからようやくペースがつかめてきた感じ。
人もバラけてきて、幾分走りやすかったです。

『残り半分もある ゲー』
なんてことはまったく感じなかったのは良かった。


Lap 21-30

30㌔手前あたりから歩いている人が目立ちました。
所謂、魔の30㌔が始まったのだと思います。

この頃から
「本当にやばい、4時間半ペーサーの姿すらみえない。
目標に遠く及ばないじゃん!!4時間半もダメなのっ??」

と気弱にもなりかけましたが、

諦めたらそこで終わる!前進するのみ!
何しに来たんだ、私はココに!!

と気持は折れませんでした。


そして比較的走り易そうな沿道から外れた車道側を走りはじめます。


その後30㌔過ぎあたりにTeamMの皆さんのエイド&そちらに交ざって
応援している夫を発見!※夫婦ともどもお世話になりました※

aid.jpg


ハイタッチしているときにも気づいていましたが手が皆さん冷たい!
立ち止まって応援するには晴れていたとはいえ寒かったようで・・・
応援お疲れ様でした。

目が悪いのと「切羽詰った」余裕の無さから近づいてから気づきました。
名前の看板的なものを作成してくれていたことにも気づかず・・
たぶん「キャー」とかだけいって通り過ぎちゃったと思います。ごめんなさい。

応援の後押しや、やばいぞ!感から、このあたりはペースが一気にUP。

いよいよ、未体験ゾーン『魔の領域』へ突入です(ドキドキ)



長々書いてきましたが
ようやく、次回魔の領域からゴールの【最終回】編で〆たいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。